不思議な体験談

弥生時代と秘密基地

このお話は、私が少年時代に体験した話です。

 

私は小学校低学年の時に、自宅付近に秘密基地を作り、そこでよく遊びました。

その場所を秘密基地に決めた理由は、貝の化石をその場所で、見つけたからでした。

ほぼ毎日おやつを持って秘密基地に行って遊んでいました。

冬休みに入ったある日のこと、いつも通り秘密基地に行くと、そこに三人の人がが立っていました。

それは、家族の霊だとすぐに、わかりました。お父さん、お母さん、子供。

歴史の教科書で見た弥生時代の人達の服装と似ていて、特にお父さんの髪型は長い髪の毛を左右に縛る

あの時代の特徴的なものでした。

最初は当然、驚いた。だけど不思議な事に、全く怖くなかった。むしろ、優しさとあったかさを強く

感じた。だからずっと見ていた、お互いに立ったままずっと。

気が付くと、辺りはすっかり暗くなっていて、慌てて家に走って帰った事は今でも鮮明に覚えている。

その後も、彼らと何回か遭遇したが、お正月を迎えてからは、彼らの姿は一度も見なかった。

その年の春ぐらいに近所の人に秘密基地がばれてしまい「ぼく、ここは危ないから気を付けてね。」

と声を掛けられてからは、次第に秘密基地に行く回数が減ったと思う。

それから、十数年後、社会人になった私は、福岡を離れ千葉で働いていました。数年ぶりに帰郷した

際、秘密基地があった場所の前を車で通った。

あの時の面影がそこには全くなかった。聞くと、そこは新たに区画整備され市営住宅が建築中だと聞か

された。母が「予定ではもう完成してるらしいんだけど、遺跡が出て工事がしばらく中止になったらし

いよ。新聞に出てたっておじさんが言ってたよ。」

すぐに近所に住むおじさんに、そのことを聞きに行って本当に驚いた。新聞の情報では弥生時代の貝塚

が発見されたたらしく、場所はまさに、あの三人家族の霊と出会った秘密基地があったあの場所だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高橋さんの家

これは、私が小学1年生の時に体験したお話です。

このころ、よく夢が現実になることが増え始めていていました。
夢にもいろんな見え方があって、白黒で見える時とカラーで見える時があり、
夢が現実になるのはたいていカラーの時でした。

ある日、いつも遊んでいる山の坂道で、ひとりで遊んでいると、
ひとりのおばちゃんに「高橋さんの家、ぼく知ってる?」と道を尋ねられました。
下のバス停から上がってきた様子で、この辺の道に不慣れな感じでした。

私は「うん、高橋さんち知ってる。ぼくが連れて行ってあげるから、ついてきて」
そう言って、高橋さんの家の前までおばちゃんを連れて行きました。
「ここだよ」
「ぼく、親切にここまで連れてきてくれて、ありがとう。これ、お駄賃」
差し出された手のひらを見ると百円玉が見えました。

話はここで終わるのですが、とても鮮明なカラーの夢でした。

数日後、いつもの山の坂道で遊んでいると、
下のバス停の方から夢で見たおばちゃんが上がってきました。
「あ、おばちゃんが来た」
顔を見ただけでピンと来ました。
足早におばちゃんに近づき、話しかけました。
「おばちゃん、高橋さんちにいくんでしょ。ぼくが連れて行ってあげるから、ついてきて!!」。
おばちゃんはとても驚いた表情で訊きました。
「ぼく、なんでおばちゃんが高橋さんちに行くって知っていたの?」。
「夢でみたもん」私は答えました。

歩く間、しばらく黙っていたおばちゃんは
「ぼく何年生?」と訊き、
「ぼく一年生」と答えると、
しばらく間をおいて「… 変わった子だね」と言いました。

そして高橋さんの家に着き、
「この家だよ、高橋さんち」と伝えると、
「わざわざありがとうね。ぼく」とお礼を言うので、
「うん、いいよ。でもいらないよ、お駄賃。だってお母さんが知らない人からお菓子とかお金とかもらっちゃだめだっていつも言ってるから。じゃあねバイバイ」
そう言って、お駄賃を断り、おばちゃんに手を振りました。
「あっ…、ありがとうね。ぼく…」
おばちゃんも私に手を振ってくれました。


みなさんの中にも、こんな体験をした人いませんか?