asoshina

パワースポット巡礼 vol.1 笠森寺(千葉県長生町)

DSC_0127

笠森観音

源頼朝の観音信仰から始まったとされる観音巡礼。

坂東三十三カ所観音巡礼は、関東地方各地に点在する三

十三カ所の霊場を巡るもので、笠森寺は坂東三十三カ所

観音巡礼の第三十一番札所、古来より多くの人々の信仰

の対象となっています。

 

 

 

 

霊木 子授楠 DSC_0117

参道から本堂に向かう途中に霊木 子授楠があります。

霊木に開いた穴を通り抜けると子宝に恵まれるといわ

れています。左の写真、霊木の穴の奥に見えますか?

この穴を覗くと奥に仏様の立像が祭られています。

何か導きを感じます。

この場所は参道から神気を強く感じ、霊木に生命を授ける大きなエネルギーを確かに感じました。ここ

は、間違えなくパワースポットです。子宝に恵まれたい方は一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

弥生時代と秘密基地

このお話は、私が少年時代に体験した話です。

 

私は小学校低学年の時に、自宅付近に秘密基地を作り、そこでよく遊びました。

その場所を秘密基地に決めた理由は、貝の化石をその場所で、見つけたからでした。

ほぼ毎日おやつを持って秘密基地に行って遊んでいました。

冬休みに入ったある日のこと、いつも通り秘密基地に行くと、そこに三人の人がが立っていました。

それは、家族の霊だとすぐに、わかりました。お父さん、お母さん、子供。

歴史の教科書で見た弥生時代の人達の服装と似ていて、特にお父さんの髪型は長い髪の毛を左右に縛る

あの時代の特徴的なものでした。

最初は当然、驚いた。だけど不思議な事に、全く怖くなかった。むしろ、優しさとあったかさを強く

感じた。だからずっと見ていた、お互いに立ったままずっと。

気が付くと、辺りはすっかり暗くなっていて、慌てて家に走って帰った事は今でも鮮明に覚えている。

その後も、彼らと何回か遭遇したが、お正月を迎えてからは、彼らの姿は一度も見なかった。

その年の春ぐらいに近所の人に秘密基地がばれてしまい「ぼく、ここは危ないから気を付けてね。」

と声を掛けられてからは、次第に秘密基地に行く回数が減ったと思う。

それから、十数年後、社会人になった私は、福岡を離れ千葉で働いていました。数年ぶりに帰郷した

際、秘密基地があった場所の前を車で通った。

あの時の面影がそこには全くなかった。聞くと、そこは新たに区画整備され市営住宅が建築中だと聞か

された。母が「予定ではもう完成してるらしいんだけど、遺跡が出て工事がしばらく中止になったらし

いよ。新聞に出てたっておじさんが言ってたよ。」

すぐに近所に住むおじさんに、そのことを聞きに行って本当に驚いた。新聞の情報では弥生時代の貝塚

が発見されたたらしく、場所はまさに、あの三人家族の霊と出会った秘密基地があったあの場所だった。