admin

自由への決意

ホームページ開設にあたり、クライアントのBさん(女性)からも、カウンセリングの感想をいただきました。クライアントにとって「決意」が必要なアドバイスというのは、私にとっても重い責任を感じさせます。そのようなBさんからのお手紙には、私も自信と勇気をいただけ、大変ありがたいです。


私は、軽い悩みで中野先生の所をたずねました。しかし、先生の答えは、「離婚しなさい」でした。

親元を離れたことが無く、結婚しても生まれ育った家に住んでいた私にとって、あまりにも衝撃的でした。涙が止まらず、持っていったタオルが絞れるほど泣きました。ただ、そのアドバイスを聞いて泣いている自分と、それを受け入れることを願うもうひとりの自分がいました。もう一人の私の心は、母親の呪縛と冷酷で怒鳴ることしかしない夫との生活から逃れたい気持ちでいっぱいでした。

「これからが本当の人生のはじまりです。自立してください。本当の意味で『生きている』あなたを見て、子どもたちも幸せな気持ちになるでしょう。大丈夫です。僕もついています」。

この言葉を聞いて、私の心はざわつき、もうひとりの自分が奮い立ちました。「やってみよう!」と。

それからたった二ヶ月後、小さい頃から憧れていた街のマンションで、私は娘二人と暮らし始めました。母親から怒られない生活がこんなにも素晴らしいなんて。夫の冷たい視線もありません。毎日がとても幸せでした。

そして、この幸せを誰かに伝えたくて、二人の友人に話をしました。すると、二人の友人も自分もすぐに相談をしたいというので、先生に来ていただき、話を聞いてもらうことにしました。しかしその時は、私たちの悩みの全てを一度の先生のカウンセリングで解決できるわけではないことを悟りました。私たちは、その場でこれからも定期的に自分たちの話を聞いてほしいとお願いしました。

話をした他の友人からは、「何で毎月毎月、相談することがあるの?」と聞かれましたが、やはり私にとっては、実際の日々の暮らしの中で様々な悩みが生まれてきます。なにより、不安とともに自分自身を変えていく中では、先生に導いてもらい、見守っていてもらう必要があると強く思ったのです。

先生のお話のとおりに自分が行動して三年がたちました。
今、私は幸せです。でも中野先生は「本当の幸せは『これから』来ますよ」とおっしゃいます。
私は、その「幸せ」をドキドキ・ワクワクしながら待っています。

最後に、先生と出会えたことの大切さと感謝を忘れる事のないように、日々暮らしていきたいと思っています。ありがとうございます。

頑固者の私がこんなに変わった!

ホームページの開設にあたり、クライアントのA子さんに、AUBEの紹介文を書いてもらいました。

A子さんのカウンセリングでは、恋愛・結婚が主な内容だったのですが、ご自身の変化を大変好意的に受け入れられていて、私も大変嬉しく思っています。


私は、約二年半前に中野先生と出会い、それから毎月リーディングを受けています。結婚適齢期を過ぎても全くその気配がない私を心配した友人が紹介してくれたことがきっかけでした。周りの友人達が、皆結婚し、焦りを抱えていた私は、その話を聞いた時、今すぐにでも会いたいと思いました。

はじめてのリーディング…、中野(阿蘇品)先生はどのような方なのか、何を言われるのかと緊張・期待・不安でいっぱいになりながらお会いしたことを今でもはっきり覚えています。

実際のお話では、今までの私の人生を理解した上で、何故私が結婚できないのか、どうすれば素敵な人と出会い、幸せな人生が歩めるのかをわかりやすく丁寧に教えてくださいました。私以上に私を理解した予想外のアドバイスに「何でこんなことまでわかるの?知っているの?」と思うことが多く、本当に驚かされました。

私の恋愛や結婚に対する考えは本当に重症で、中野先生も悩まれたと思います。そんな凝り固まった私の考えをほぐしていくためには、定期的にリーディングが必要だと感じました。そして、会うたびに、先生から的確なアドバイスをいただき、そして私は、必ずそれを実行する。その繰り返しを日々続けてきました。初めてのリーディングから二年半たった今、素敵な彼に出会うことができ、私の人生は、あの頃想像もつかなかったくらい変化して幸せになれました。

私の恋愛や結婚に対する考えも180度変わり、以前の私を知っている友人たちからは、「本当に変わったんだね。すごいね!」と、驚かれます。全ては、中野先生のアドバイスのおかげです。頑固者の私がこれだけ変わったことは、ある意味奇跡で、先生と出会わなかった私を想像すると本当にゾっとします。

リーディングを受け始めた頃は「もっと早くに会っていたら、もっと早く結婚できたかもしれないのに…」と、欲張りなことを考えていました。でも、今の彼と出会うためには、このタイミングが良かったのだなと思うようになり、中野先生と出会えたご縁に、心から感謝しています。

まだまだ未熟な私ですので、今後も中野先生にはお世話になり続けると思います。
先生の存在があるだけで自分が幸せになれるという自信がつきます。
これからも月一回のリーディングを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

高橋さんの家

これは、私が小学1年生の時に体験したお話です。

このころ、よく夢が現実になることが増え始めていていました。
夢にもいろんな見え方があって、白黒で見える時とカラーで見える時があり、
夢が現実になるのはたいていカラーの時でした。

ある日、いつも遊んでいる山の坂道で、ひとりで遊んでいると、
ひとりのおばちゃんに「高橋さんの家、ぼく知ってる?」と道を尋ねられました。
下のバス停から上がってきた様子で、この辺の道に不慣れな感じでした。

私は「うん、高橋さんち知ってる。ぼくが連れて行ってあげるから、ついてきて」
そう言って、高橋さんの家の前までおばちゃんを連れて行きました。
「ここだよ」
「ぼく、親切にここまで連れてきてくれて、ありがとう。これ、お駄賃」
差し出された手のひらを見ると百円玉が見えました。

話はここで終わるのですが、とても鮮明なカラーの夢でした。

数日後、いつもの山の坂道で遊んでいると、
下のバス停の方から夢で見たおばちゃんが上がってきました。
「あ、おばちゃんが来た」
顔を見ただけでピンと来ました。
足早におばちゃんに近づき、話しかけました。
「おばちゃん、高橋さんちにいくんでしょ。ぼくが連れて行ってあげるから、ついてきて!!」。
おばちゃんはとても驚いた表情で訊きました。
「ぼく、なんでおばちゃんが高橋さんちに行くって知っていたの?」。
「夢でみたもん」私は答えました。

歩く間、しばらく黙っていたおばちゃんは
「ぼく何年生?」と訊き、
「ぼく一年生」と答えると、
しばらく間をおいて「… 変わった子だね」と言いました。

そして高橋さんの家に着き、
「この家だよ、高橋さんち」と伝えると、
「わざわざありがとうね。ぼく」とお礼を言うので、
「うん、いいよ。でもいらないよ、お駄賃。だってお母さんが知らない人からお菓子とかお金とかもらっちゃだめだっていつも言ってるから。じゃあねバイバイ」
そう言って、お駄賃を断り、おばちゃんに手を振りました。
「あっ…、ありがとうね。ぼく…」
おばちゃんも私に手を振ってくれました。


みなさんの中にも、こんな体験をした人いませんか?